行政書士の合格率と難易度

年度(元号・西暦)

受験者数(人)

合格者数(人)

合格率(%)

平成10年(1998)

33408

1956

5.85

平成11年(1999)

34742

1489

4.29

平成12年(2000)

44446

3558

8.01

平成13年(2001)

61065

6691

10.96

平成14年(2002)

67040

12894

19.23

平成15年(2003)

81242

2345

2.89

平成16年(2004)

78683

4196

5.33

平成17年(2005)

74762

1961

2.62

平成18年(2006)

70713

3385

4.79

平成19年(2007)

65157

5631

8.64

 上記表を見てわかる通り、行政書士の合格率は2.62〜19.23%と非常に幅が広いことが特徴となっています。幅が広いとはいえ、平均すると10%以下という合格率であることから、適当な準備では合格することは難しいといえる資格となるでしょう。

 受験者数は平成15年(2003)の81242人をピークに年々減少傾向にあります。カバチタレのブームが過ぎ去ったという理由もあげられますが、行政書士の資格を取得しただけでは生活することが難しいということも理由であると思います。

 もちろん、行政書士として年収1000万以上を稼いでいる方も多くいらっしゃいますが、資格を取ってすぐに飯が食える状態になる、ということはほぼ無いようです。中には独立してしばらくは短期バイトで生計をつなぐ方もいます。

 参考:アルバイト&短期バイト辞典 - 仕事解説と体験談